施工事例

浄化槽


浄化槽施工・清掃・維持管理

下水道の完備されていない地域はもちろん、都市部の大規模な集合住宅やオフィスビル、病院、学校などでも自家用汚水処理施設として浄化槽は活躍しています。その浄化槽の施工・清掃から維持管理まで国家資格を取得したエキスパートが、きめ細やかな管理活動を通して、地域の環境保全に貢献しています。


浄化槽保守点検

浄化槽のいろいろな装置の稼働状況を調べて機器の点検、調整・修理や消毒薬の補充等を行います。
保守点検は浄化槽法に基づいて技術管理者が行います。
・浄化槽設置工事
・浄化槽修理
・下水切り替え工事
・トイレのつまりぬき工事


浄化槽清掃

浄化槽は微生物(嫌気性、好気性)の働きによって浄化し、汚水をきれいにしますが汚泥等が発生するため汚泥を浄化槽から引き抜き、付属装置などを洗浄し掃除することを浄化槽清掃法基準に基づいて行います。

定期検査(11条検査)

浄化槽が正常に機能しているか総合的に判断するための検査です。
浄化槽管理者は、環境省令で定めるところにより、毎年一回(環境省令で定める浄化槽については、環境省令で定める回数)、指定検査機関の行う水質に関する検査を受けなければなりません。

保守点検回数

合併処理浄化槽や単独処理浄化槽(みなし浄化槽)の点検回数は、浄化槽法第10条第1項で次のように定められています。


1.合併処理浄化槽
処理法方式 浄化槽の種類 期 間
分離接触ばっ気方式、嫌気ろ床接触ばっ気方式または脱窒ろ床接触ばっ気方式 1.処理対象人員が20人以下の浄化槽 4ヶ月/1回
2.処理対象人員が21人以上50人以下の浄化槽 3ヶ月/1回
活性汚泥方式 - 週/1回
回転板接触方式、接触ばっ気方式又は散水ろ床方式 1.砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽を有する浄化槽 週/1回
2.スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有する浄化槽(1に掲げるものを除く) 2週/1回
3. 1及び2に掲げる浄化槽以外の浄化槽 3ヶ月/1回


2.単独処理浄化槽(みなし浄化槽)
処理方式 全ばっ気方式 分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式
単純ばっ気方式
散水ろ床方式
平面酸化床方式
地下砂ろ過方式
処理対象人数
(単位/人)
20以下 3ヶ月/1回 4ヶ月/1回 6ヶ月/1回
21以上300以下 2ヶ月/1回 3ヶ月/1回
301以上 1ヶ月/1回 2ヶ月/1回
※指定業者で行う場合もあります


小型合併処理浄化槽のしくみ

小型合併処理浄化槽には大きく分けて、「BOD除去型」と「BOD・窒素除去型」、それに「BOD・窒素・リン除去型」の3タイプがあります。それぞれ微生物の働きで汚水をきれいな水にして放流することにかわりはありませんが、BOD・窒素除去型は赤潮等の原因となる窒素も除去できます。さらに、BOD・窒素・リン除去型は、鉄電解法により同じく赤潮等の原因となるリンも除去することができます。
BOD除去型嫌気ろ床接触ばっ気方式
BOD窒素除去型脱窒ろ床接触ばっ気方式
BOD・窒素・リン除去型流量調整型・嫌気ろ床たん担体流動生物ろ過循環方式+リン除去装置


〒474-0001 愛知県大府市北崎町駒場88番地
TEL:(0562)47-0535/FAX:(0562)47-0531