施工事例

FRP内面補強工法

光硬化内面補強工法

FRP光硬化内面補強工法は、硬化方法として光硬化性樹脂を用いて、工場で生産された補強材料(ソフトスリープ)を、施工現場で専用の補強機に装着し、既設マンホール装管渠に引き込んで、補強位置にて、管内壁面に加圧密着させる。次に補強装置に内蔵した紫外線ランプを照射することにより短時間で光硬化樹脂を硬化させ、部分補強を行う非開削による工法です。 特に現場での樹脂配合、含浸、積層作業を行わないため、均一なる品質が確保できるのが大きな特徴です。

FRP光硬化内面補強工法作業フロー



FRP光硬化取付管ライニング工法

FRP光硬化取付管ライニング工法(S工法)の開発により、より経済的な施工が可能となりました。
FRP内面補強工法におきましては、従来より取付管と本管の一体型をテーマに開発を進めて参りました。
その一環と致しまして、新しく桝から本管までの『FRP光硬化取付管ライニング工法』を開発致しました。取付管につきましては、損傷の発生も多く、地下浸入水や陥没事故等の原因ともなり得ます。
又、開削して布設替えするにしても宅地内に桝がある場合や長時間の施工が難しい等と限られた条件が必要かと思われます。
FRP光硬化取付管ライニング工法は、既設の取付管を非開削により短時間に施工が行なえ、かつ強度のある新しい綺麗なFRP管として蘇らせることができます。
本工法は、光硬化特許の再実施権を得ております。
FRP光硬化取付管ライニング工法作業フロー



〒474-0001 愛知県大府市北崎町駒場88番地
TEL:(0562)47-0535/FAX:(0562)47-0531