施工事例

シームレスシステム工法

本管・取付管を強固に一本化

シームレスシステム工法は既設管の本管・取付管・取付管接合部をそれぞれ更生することにより、本管と取付管の強固な一体化更生が可能。また、更生管は光(紫外線)照射することで確実に硬化する光硬化性樹脂を使用。新管同等の性能を有します。

シームレスシステム工法本管・取付管を強固に一本化



工法の特徴

 施工
不良箇所から浸入水があっても施工可能
メインライナーとラテラルライナーは、内外装を特殊なフィルムで包んでいるため、たとえ浸入水があっても影響なく施工できます。
施工中の臭気を脱臭装置で除去
本管の更生中には、特殊フィルターを装着した脱臭装置により、臭気を強制的除去します。
現場条件に合わせて自由な仕様
メインライナーの厚さは、種々の現場条件(自立管仕様等)に対応できます。また、ラテラル、ユナイトライナー材も現場条件に合わせた補強材の選定と厚みの選択ができます。
施工設備がコンパクトで簡便
光硬化システムを使用しているため、施工設備がコンパクトであり、施工もきわめて簡単で作業時間も短縮できます。
 性能
施工設備がコンパクトで簡便
光硬化システムを使用しているため、施工設備がコンパクトであり、施工もきわめて簡単で作業時間も短縮できます。
新設管同様の流下能力
粗度係数測定試験により、マニングの平均流速公式を用いて粗度係数を算定し、硬質塩化ビニル管同様(n=0.010)の水理性能を確認しています。
耐震性に優れている
更生管はレベル2の地震動に対しても流下機能を確保できるだけの耐震性を有します。
硬化後の収縮が極めて少ない
メインライナーは、硬化後の収縮が極めて少ないため、硬化直後に本管口の切断や取付管口の削孔を行っても、全く支障がありません。



下水管調査

工法の特長

●自動車組み替えでΦ200〜800mmの管径に対応。
●小規模下水、中口径下水から都市型下水本管まで、幅広い用途に対応。
●光学3倍ズーム機能、他カメラヘッドへの互換性を実現
VCH561XVカメラヘッド/自走車ユニット
Φ200〜Φ350mm用 Φ350〜Φ500mm用 Φ600〜Φ800mm用
Φ200〜Φ350mm用
自走車 装着時
Φ350〜Φ500mm用
自走車 装着時
Φ600〜Φ800mm用
自走車 装着時
XV システム搭載TV カメラ車
オペ室
■ オペ室
居住性と作業の効率性を兼ね備えたレイアウトがされています。 電源は発電機・外部電源の2系統からとることができます。
ケーブルドラム部
■ ケーブルドラム部
ケーブルの出し入れを安定させるサイドローラー、サーフェースローラーを標準装備。 発電機はオペ室にあるため、ゆとりのある作業空間が確保されています。(発電機はリア側にも設置可能です)

AS3630

特徴
カメラヘッド
コネクターによりカメラケーブルと分離することができます。検査管径に合わせてカメラヘッドを36mmおよび50mmから選んで付け替えることができます。また、取り外し可能なためメンテナンスも容易です。
ASH036
ASH036
レンズ
新開発の画角160°超広角レンズを採用。管壁の状態をより詳細に調査することができるほか、スキッド無しでも径の大きい配管まで見ることができるようになりました。
ASH050
ASH050
AS3630


サテライト・インスペクション・システム(AST200)

本管側より取付管を調査するシステム(実用新案、特許申請中)
近年下水道の普及に伴い、桝不明や閉塞取付管が増えています。
従来は桝側よりTV調査方法しか無く、このような管を調査できませんでした。このような問題を解決するため、ドイツ リコ社との協同開発により、本管側から取付管のTV調査システムを日本国内で販売開始しております。

標準仕様 ・コントローラー(OPTIMA MC-7500)
・NEWキーボード(パソコン・特殊キーボード)
・ケーブルドラム2台(自走用80m。カメラ用30m+80m+=110m)
・自走用、管径チェンジ用車輪
・カメラ収納チューブ カメラヘッド Φ40
・センター合わせブラシ(Φ100 Φ150 Φ200)
・センター合わせ金具(Φ75)
・他メーカーTVカメラ車システムに搭載可能
架装仕様
・発電機(100v 3kVA) ・コンプレッサー
・収納棚 ・TV×2台
・VTR ・撮影装置

〒474-0001 愛知県大府市北崎町駒場88番地
TEL:(0562)47-0535/FAX:(0562)47-0531